mikkaru2title.jpg
 『みっかる.TV』はUSTREAMにて毎月第2木曜日夜10時 ON AIR !!

fb_btn.jpgust_btn.jpgtw_btn.jpg

0002.jpeg

山梨の“情報発信”の在り方を変えていく!

2012年初旬。
プロデューサーK-Cee氏の立案のもと、集められた有志によって立ち上げられた視聴者参加型ミックスカルチャー番組。それが『みっかる.TV』である。
今や一般的となったUSTEREMをはじめとしたストリーミングライブ配信。しかし、それはあくまでも手段にすぎない。どう伝えれば、この山梨という土地を、いかに身近にそして魅力的に感じてもらえるか?そこに本当の意味がある。
録画予約して都合のいい時間に見ればいい。そうなりゆく現代のテレビ事情の中、新たな情報発信の形として「今」を見て楽しめる番組でありたいと、"視聴者参加"を軸に掲げ、制作・出演側と一体になった番組を目指している。
我々「みっかる.TV」は、視聴者と一体となり、クリエイター、エンジニア、アーティストらの感性をたっぷり注ぎ込み、地上波テレビでは見られない“鋭さ“と“緩さ”を武器に、どこまでも自由な発想と視点で、情報や作品を展開していく事に挑戦する!

僕らは山梨を知らなすぎた。

地元の情報を発信していくという名目を掲げながら、取材をする中で、もっとも山梨に魅力にとりつかれたのは、我々みっかるクルーだった。
0.jpg
こんなにも独自の文化が残り、こんなにも温かい人が集う土地だという事をあらためて感じた。
「地元はつまらない」「遊ぶなら県外だ」
誰もがこんな考えを抱いた事はあるのではないだろうか?まだまだ地元には楽しみや感動がある。甲府盆地を囲むその山々を自分の足で登るだけで、その景色に感動し、山梨の魅力に出会う事ができるのだから。

楽しみは自分らで作るもの。

今まで情報配信というのは、限りなく一方通行に近かった。
本当に知りたい情報は伝えられているのだろうか?もっと直接手に触れられるように情報を配信できないか?
11131747_917431244945086_8435337351219142083_n.jpg
みっかる.TVの取材は、取材である以前に、クルーたち自身が「行ってみたい場所」「食べてみたいもの」「知りたいこと」に着手した。そして、そこには想像以上の景色や期待を超える味、計り知れない想いがあった。直接触れ合う事で、何倍もの魅力に出会う事ができる。現場や実物が伝えてくれるのは、いつも期待以上のものだった。

山梨から全国に。

配信を重ねる中で、県外視聴者も増えていった。
ソーシャルネットワークを通じ、山梨の人たちと、遠く離れた県外の人たちが、情報交換や共通の話題で語り合っている。それが“新たな情報発信”ではないだろうか。同時に、人同士の繋がりも生まれていく。
10986653_812321182184675_2055189829132038443_n.jpg
このスタジオを訪れ、熱い想いを語ってくれた人。みっかる.TVで紹介した土地や食べ物に興味を持って、山梨に訪れてくれた人。その旅行の途中で、我々に会いに来てくれた人。そういう人たちが繋がっていけば、山梨から全国に投げかけられるものは、まだまだ見つかるはずだ。